酒呑み記録

アクセスカウンタ

zoom RSS らおらお

<<   作成日時 : 2008/05/31 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
たまに行っている大久保のタイ食料品店で、ラオスの焼酎ラオラオを買って飲んでみました。「ラオラオ」と同じ言葉が二度繰り返されていますが、それぞれ別の単語で綴りが違います。(正確にはラーオラーオと伸ばす。)始めのラーオは酒という意味で、後ろのラーオはラオスの国名です。よってラオスの酒という意味です。なぜ私にこんなことがわかるかというと、ラオス語とタイ語はほとんど同じ言葉だからです。良くタイ旅行に行く私は、何とかこの程度わかるというわけです。
さて、この瓶のラベルが思いっきり怪しいです。なぜか日本語で書かれています。しかし「原産地:ラオス」とちゃんと書いてあるので、おそらく無ラベルの状態でラオスから輸入し、日本側で輸入業者がラベルを貼ったのでしょうね。
味の方は、私にはちょっと厳しかったです。まずロックで飲んでみたのですけど、きっと戦後混乱期の日本で、庶民が飲んでいただろうと思われる安い焼酎という感じです。(もちろん、例え表現で想像です。すみません。)米焼酎なのですが、工業用アルコールが入っているような感じです。もちろんこれは人の味覚の問題ですから、ラオスの人たちは美味しく飲んでいると思います。日本人である私には合わないというだけです。
画像
画像
そこで、ソーダで割ってチューハイにして飲んでみました。そしたら甘味が加わって、まあ飲める状態になりました。まさに昭和20年代の東京下町大衆酒場の味です。(すみません。私自身、生まれていません。あくまで想像です。)ノスタルジック焼酎ですね。
つまみは、もつ焼きや煮込みが合うかも知れませんね。 しかし今回は、同じくタイ食料品店で買った「バジルの葉入りチリペースト」を使って、豚肉・玉ねぎ・ピーマン炒めを作りました。最後にナンプラーで味を調えたら、タイ料理らしくなりました。オイスターソースで旨みを加えれば、さらに美味しくなると思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
らおらお 酒呑み記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる